てっつぁんの何を書きたいんだ?ブログ

未だ書きたい趣旨が見つからないダメブログ。 『オールジャンル』と言えば聞こえは良いかな?w

 
 
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

感想を書く前に一言。
「タイトルの漢字難しくて探すだけで時間掛かっちゃったぞw」。
ってな訳で自分の頭の悪さを主張したところで今回の感想ですw。




初っ端から一瞬で倒されてしまった士郎。
全くこの男は・・・って感じです。
前回の聖杯戦争でセイバーですら勝てなかったサーヴァントを相手にどうにか出来る訳ないでしょ!とツッコミたいですw。

今回で明らかになった金ピカサーヴァントの真名は『古代ウルクの英雄ギルガメッシュ(以後ギルガメと略します)』。
歴史に乏しい僕は、ギルガメと言えば『ファイナルファンタジーⅤ』で美味しい役を受け持ってたイメージしかないのですが・・・_| ̄|○

その後始まったセイバーVSギルガメ。
若干セイバーが弱すぎる感じもありましたが、個人的にはなかなか見応えがあったと思います。

そしてエクスカリバーとエヌマエリシュの宝具のぶつかり合い。
約束された勝利の剣(エクスカリバー)に対し、天地乖離す開闢の星(エヌマエリシュ)じゃ名前からもセイバーは勝てませんねw。
ただ、ギルガメが「相殺すら出来んのか」と言っていただけに、まだ全力で宝具を使ってないようです。

セイバーが倒れたあと、バーサーカーを倒した『黄金の剣』を再び投影してギルガメに立ち向かう士郎。
しかし源流である宝具にはかなわず、またしても返り討ちにあいます。
それにしても、あのバーサーカーを1撃で7回も殺した黄金の剣を源流とはいえ、一太刀で折ってしまうギルガメってもう何でもアリの強さですね。

瀕死の状態になりながらも、ここで最後の気力を振り絞り立ち上がり愛の告白を始める士郎w
「お前より大切なものはない」
「セイバーが一番好きだ」
「こんな奴にお前は渡さない」などなど
こうやって見ていると、士郎の言ってる事もギルガメとさほど大差ないように思えるのは僕だけ?w

そんな感じで見ていたら、ここで士郎が全ての魔術回路を開いて最強の武器・
過去にセイバーが失ったとされるエクスカリバーの鞘を投影しました。
たしか、この鞘がアーサー王を不死の体にしていた記憶があり、それだけに一瞬でセイバーの傷を治したり、ギルガメのエヌマエリシュを跳ね返したりと絶大な威力を誇ります。

さて、今回ここから先の話はひたすらラブコメでしたねw。
「やっと気づいた・・・士郎は、私の鞘だったのですね・・・」はセイバーファンの人にとっては、たまらない名シーンだったのでは?と思いました。

セイバーのクッキングタイムw。
上手く出来なくてシュンとなるセイバーがちょっと可愛かったですw
士郎がセイバーの背中越しに包丁の使い方を指導しながら再び愛の告白。
そして、逃げようとするセイバーを強引に抱きしめたり、涙を流すセイバーにキスしたりとちょっと強引に迫ります。
普段自己犠牲とかしてる人って、一度こういう感情を持ってしまうと歯止めがきかなくなるんでしょうかね?

夜明けにセイバーが士郎に「魔力が回復しました」と言っていましたね。
・・・という事は結局、士郎はセイバーの手料理を食べ損なったけど、その代わりセイバー自身を食べっちゃった訳ですかw(羨ましい・・・)。

翌朝ギルガメの事を聞くため言峰教会に1人で行く士郎。
最早この男に学習能力というものは存在しないんでしょうねw。
そう思ってた矢先に地下聖堂で見てはいけないものを見てしまい、ここですっかり存在を忘れていたランサーが登場、そして胸を一刺しされて来週へ。

今週は凛たんもイリヤたんも登場しなかったので、書くこと無いなぁと思っていたんですが、気が付けばいつもの1.5倍の文章量になってましたw。
スポンサーサイト
 
 
…先生、僕には読めませんでした_| ̄|○
>赤いあいつさん
今回は特に長くて自分でも反省。
んでも、短いと短いで文句の言う人もいるのですわ。
あと、意外に携帯から見てる人も多くて、
電車通勤の人には良い暇潰しになると好評w

どちらにせよ万人にウケるブログには程遠いです。
あ…ごめ。あの漢字のことね。
「天地…」ってやつ。
>赤いあいつさん
完全に勘違いしてました(日本語って難しいなぁw)。


天地乖離す開闢の星は
「てんちかいりすかいびゃくのほし」と言い、
『天と地とに分け、世界を創造した』という意味らしいですよ。
ただ、世界を創造した宝具の割には演出がショボイかったのはあえて伏せときますw


ついでに他の補足もしておくと
士郎が投影した剣(鞘じゃない方ね)は
『カリバーン(勝利すべき黄金の剣)』。

このカリバーンの源流に当たる剣が
確か『グラム(支配を与える木に刺さった剣)』、

そして今回ギルがカリバーンを折った時に
使用した剣は、グラムのさらに源流に当たる
『メロダック(原罪)』と言うらしいです

どうでも良い事だけど、
エクスカリバーって折れたカリバーンで作り直したという説があるけど、
実際のところはどうなんだろうね?
エクスカリバーは『約束された勝利の剣』と言うだけあるので、
あながち間違ってないような気がするけど。


うわ~、なんか妙に濃いネタの解説しとるなぁ・・・w
グラムって、重さで叩き割るような類の
武器だったようなはなしを聞いたことが。

ってことはエクスカリバーって…めちゃめちゃ重いの!?
シュラって大変じゃんか!
>赤いあいつさん
きっとシュラは幼少の頃から努力してたんだよ。
その努力が認められ『ゴールドセイント』に
なったと思えば自然じゃない?w

それか『テコの原理』を熟知してるとか・・・
うわっ!急に現実的に話になってきたぞw
Wikipediaの星矢のトピックから
 
>天才的な戦闘巧者で、本編の時代の黄金聖闘士は大多数が幼少の頃から黄金聖闘士の称号を受けている
 
原作では少年時代から黄金聖衣を着こんだ連中のカットもあります。
 
エクスカリバー

岡田芽武に言わせれば
 
「聖 剣 抜 刀」
>ガスターさん
やはり詳しいなぁw
んでも、言われてみるとうろ覚えながら
原作でそう言うカットを見た事あるような気がする。

まだ何か知っていたら是非教えて下さい♪
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
プロフィール

てっつぁん

Author:てっつぁん
根っからのB型で
口癖は「やる気なし~」。
現在の職業が『ニート』だけに、そろそろジョブチェンジしたいようなしたくないような・・・。

 
 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
カテゴリー
 
 
最近のトラックバック
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索

 
 
RSSフィード
 
 
リンク
 
 
FC2カウンター
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。