てっつぁんの何を書きたいんだ?ブログ

未だ書きたい趣旨が見つからないダメブログ。 『オールジャンル』と言えば聞こえは良いかな?w

 
 
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
  • 2006年11月28日
ありがとう

今回は長文だし暗い話なので無理に読まなくて良いです(じゃあ書くなよw)。


昨日、祖父と人生のお別れをしてきました。
ぶっちゃけ情けないくらい泣いたし、本当に最後の最後の瞬間まで看取ったのに、未だに祖父がいなくなった実感がないんですわ。


思えば3ヶ月前、破裂しかけた『静脈瘤』の手術をしたのだけど、高齢のため成功した前例が少なく、成功する可能性が30%~40%でそれでも脳梗塞などの後遺症が残ると言われ、本当の意味での可能性としては10%前後しかなかった。

実際に手術後、自発呼吸が弱くて喉を切開して人工呼吸器を取り付けたり、肺炎になりかけたりと3週間ほどCCUから出れこれず、毎日がヤマ場と言われたくらい。

ただ、11月になってからは医者の人たちが「信じられない」と思わず口ずさんでしまうくらい、本当に驚異的な回復力を見せてくれて、本来なら車椅子に乗れるくらいまで回復させる予定だったのが、歩行器を通り越して杖をつきながらも自分の力で歩いてたし、自分が飲む薬なんかも1週間分をまとめて貰って自分で仕分けしてた。

そんなコトもあって本当は退院後リハビリをメインでやってくれる病院に移る予定だったのが、急きょ自宅療養でも良いですよと医者に言われ、22日に退院する予定でした。

……それなのに、退院する22日の早朝トイレで頭をぶつけ『脳挫傷』になり、緊急手術をしてもらったのだけど意識は戻らず25日に他界。

せっかくリスクが高い手術を後遺症もなく成功したのに…せつなすぎるというか運命ってなんて残酷なんだという気持ちでいっぱいです。
内容が退院する日の出来事だっただけに今でも狐につままれた気分だし、もしかしてこれって夢なんじゃない?っていう感じ。
実際、入院する直前まで新車のカローラ・ランクスを自分で運転してなばなの里やセントレアなどに行ってたくらい元気なじーちゃんだったのよ

それでも最後の容体が悪化した時に親戚が集まるまでの1~2時間が厳しいと言われながらも、それから5時間以上も頑張ったじーちゃんは何度も何度も奇跡を見せてくれた凄い人でした。


「俺、明るいの好きだから何かあっても泣いてくれるなよ」って言われてたのに泣きまくってしまってごめんなさい。
社会人だった頃、仕事にカッコつけて正月のときですら満足に顔を出さずにいてごめんなさい。
もっとたくさんの事をしてあげたかったのに結局大した恩返しも出来ず本当にごめんなさい。


あと、それから
自分が入院してる時ですら「お前も身体が弱いんだから気をつけろ」っていつも心配してくれてありがとう。
大人の事情なのか毎日見舞いに行ってた僕に親戚の風当たりが強くなってるコトを1度も愚痴ったこと無いのに「俺、お前の苦労ちゃんと分かってるからな」と言ってくれてありがとう。
退院予定日の前日「俺はこんなに愛されて幸せモンだ」と満面の笑顔で言ってくれてありがとう。

じーちゃんと交わした「何年、何十年かかっても良いから夢はあきらめるな」という約束絶対に忘れません。
本当に本当に今までありがとう、そしてお疲れ様でした。


……あれ?なんかキーボードが壊れそうなくらい濡れてるぞ?
スポンサーサイト
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
プロフィール

てっつぁん

Author:てっつぁん
根っからのB型で
口癖は「やる気なし~」。
現在の職業が『ニート』だけに、そろそろジョブチェンジしたいようなしたくないような・・・。

 
 
最近の記事
 
 
最近のコメント
 
 
カテゴリー
 
 
最近のトラックバック
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索

 
 
RSSフィード
 
 
リンク
 
 
FC2カウンター
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。